核燃料サイクル

2004年9月3日号

アルゼンチンが国外から渡航してきて臓器移植を受けることを禁止した。これまでは外国人もアルゼンチンで移植を受けることができたのだが、臓器が足らなくなってきたために、臓器移植を受けることが可能な国からの患者の受け入れを拒否す …続きを読む


2004.09.03 | 詳細はこちら

2004年8月26日号

自民党の族議員の一人が、使用済み核燃料の再処理について現状では八対二で再処理凍結論が有利なので、ゲームのルールを変えるしかない、と言い出す。 サッカーで3対0で負けているので、ゼロが勝つダーツに強引にゲームを変えて、勝っ …続きを読む


2004.08.26 | 詳細はこちら

2004年8月4日号

ある週刊誌の記者が愚痴をぶちまけていった。 再処理問題を追いかけていて、結構、取材でいろんなネタをつかんでいたようだが、編集長に握りつぶされてしまったという。 その週刊誌は別に電力会社は怖くないのだが、その出版社全体を考 …続きを読む


2004.08.04 | 詳細はこちら

2004年7月20日号

午前中に世田谷区経堂の鈴木善幸元首相のご自宅に弔問にお伺いする。 お昼に総務大臣室へ。 総務省の正面から一歩足を踏み出すと、なんだこれ。40度近い気温。 北陸の集中豪雨といい、今日の気温といい、地球の気候が狂い始めている …続きを読む


2004.07.20 | 詳細はこちら

2004年7月13日号

テレビ朝日が報道ステーションで核燃料サイクルに関して報道をしたとたんにスポンサー筋から強烈なアクションがあったそうだ。 報道ステーションは関連企業からのスポンサーはないそうだが、テレビ朝日全体に対するスポンサーの引き上げ …続きを読む


2004.07.13 | 詳細はこちら

2004年7月2日号

核燃料サイクルに関して、原子力村の住民がついてきた嘘の一つが明るみに出る。 あいつらこんなことばかりやってきたんだ。本当に許し難い。 自分のところの記者がこの嘘をせっかく特ダネでとってきたのに、編集会議でスポンサーに義理 …続きを読む


2004.07.02 | 詳細はこちら

2004年6月30日号

朝、ペシ坊が絵本を持ってきて読めとせがむ。 ライオンやキリンの出てくる絵本を読んでからでかける。 昼からは久しぶりの東京。 12:00 財務省主計局給与共済課長と在外公館の在勤手当、在勤基本手当について。根本的な制度の問 …続きを読む


2004.06.30 | 詳細はこちら

2004年6月25日号

ペシ坊がビックリという単語を覚えて使うようになった。ビーックーリと言われるとこっちがビックリする。 僕が毎朝、パソコンやらを入れた鞄を肩にかけて出かけるのを見ているせいか、ペシ坊も小さな鞄を肩にかけてみたり、手に持ってみ …続きを読む


2004.06.25 | 詳細はこちら

2004年6月2日号

Renewables 2004と同時に開催される国際国会議員会議が開かれた。 第一セッションの先進工業国での取り組みのなかで、民主主義と再生可能エネルギーというタイトルで話す。大規模電力はいろいろな意味で既得権になりやす …続きを読む


2004.06.02 | 詳細はこちら

2004年5月11日号

あさって13日発売の河野太郎、河野洋平共著「決断 河野父子の生体肝移植」1470円のサンプルが手元に届く。なかなか装丁もよろしいようで。お近くの書店でお求め下さい。 第一部とあとがきは河野洋平、第二部とまえがきは河野太郎 …続きを読む


2004.05.11 | 詳細はこちら


ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする