控え室はいらない

2009.09.11

自民党の衆議院議員119人を年齢順に並べると、僕はなんと下から17人目!
高齢化が進んだ。
二十代は小泉進次郎ただ一人、三十代はもうすぐ四十になる井上信治をのぞくと三人だけ。

政権交代をしたのだから政権交代のルールをきちんと作るべきだ。長く使ってきた控え室だって、当然譲るべきだ。そんなもの、また選挙に勝って取り返せばよい。つまんないことで、自民党はつまんないと思われるべきではない。

だから民主党も副議長は最初から第2党からと言えばよい。

みんなでこの国の政治を良くしていこうとするべきだ。

湘南ベルマーレのスポンサー候補にお詫びに行く羽目になってしまった。(ため息)

それにしても最近のJリーグ、おかしくないか。
だいたい22チームになったらJFLに降格なんて、何を考えているのか。現時点でも、経営に問題があるチームが多いのに。
移籍金に変わるトレーニング費用の件も、けりがつかない。国内移籍はもともと国内ルールで良かったのに。

登記識別情報のはがれないシールの問題で、この件について問い合わせに対応した瀬戸の出張所が叱られたとか、名古屋の法務局が本省の民事局にお詫びに行ったとか、その文書は一般に出すなと各種団体に指示が出ているとか、奇々怪々。
二年経っていないシールがはがれないというのは、経年劣化ではない。何か問題が指摘され、それに対応したら新しい問題が出たということ。
第三者に見られないためのシールなんだから、自分が見たらあとは適正管理しろというのでは、シールの意味がない。
問題に対応しているというよりも、問題を隠そうとしているように見える。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする