また研究者の皆様へ

2016.11.19

以前問題提起された政府統計に関して、自民党の行革推進本部と総務省統計局と打ち合わせの結果、予算面の制約を考え、ニーズの高い統計から改善していこうということになりました。

現在DB化されている政府統計に関しては問題がないものと認識しています。

CSVでデータ提供が行われているものおよびエクセルでデータが提供されている統計の中で、機械判読に適していない統計があれば、機械判読できる形に修正をしていきたいと思います。

ただし、統計局の推計では、相当巨額のコストがかかることになるので、実際に機械判読化のニーズの高い統計から修正に手を付けることにいたしました。

同時並行的に、政府の統計について、きちんと評価し、問題点を指摘する作業は、研究者の皆様のご協力をいただいて、行っていきたいと思っています。

つきましては、皆様が実際にお使いになっている統計の中で、機械判読ができないものを具体的に何々省の何々統計と指定していただき、どの部分が機械統計に引っかかるのか、具体的にご指摘ください。

ニーズの高いものから統計局と相談のうえ、各省に修正のお願いをしてまいりたいと思います。

情報提供は、下記のメールから、お願いします。

河野太郎にメールする

よろしくお願いします。




河野太郎にメールする