総裁選挙 熊本へ

2009.09.25

9時半、宿舎発。

10時、外国特派員協会主催の記者会見。
質疑の時間に質問が出たのはドイツ紙が二つとフィナンシャルタイムズ。アメリカのメディアからの質問はなし。

温暖化ガス25%削減の鳩山イニシアチブにエールを送る。
25%削減は経済コストがかかるという批判もあるが、何もしなくて地球温暖化になれば破壊的なコストがかかる。温暖化ガスを削減することによってその破壊的なコストを回避できるのだったら、そのためにコストがある程度かかるのはやむを得ないではないか。何もしないときのコスト、温暖化の影響によって生じるコストと削減にかかるコストの両方を比べて議論しなくてはならない。

12時03分東京駅発、浜松へ。13時33分浜松着。

13時50分から浜松駅前で合同演説会。

15時38分浜松発、名古屋へ。

16時10分名古屋着。
ホームに降りると大村事務所の秘書さんが待っていて、「走って下さい!」
ホームとコンコースを走り抜け、駅前で河野陣営がやっている街頭演説会場に走り込む。演説途中の山本一太さんからマイクを受け取って、約10分間の街頭演説。
大勢の皆さんが階段の上までぎっしり。
途中で、走れとの合図が出て、演説を終了してダッシュ。
16時31分発名鉄の中部国際空港行きに乗り込む。セーフ。
正味21分の乗り換え時間を使っての河野陣営の街頭演説。

名古屋駅前の街頭演説は15時50分からみんなで交代してやっていてくれた。大村、平沢、平、義家、世耕、山本のいつものメンバーに地元の浅野参議院議員と篠田前代議士。(本人は、自分の10分間しかいなかったので、正確ではないかもしれないが)

17時08分中部国際空港着。空港内を見学し、17時50分発熊本行き。

19時10分熊本着。

夜は地元の木原稔前代議士と同行の山本一太さんと作戦会議をかねて夕食。
珈琲アローの琥珀色のコーヒーも堪能した。
熊本泊。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする