電力会社のテレビコマーシャル

2006.10.15

新聞各紙が一斉に補選の予想報道。
RDSでやった世論調査にどれだけ信憑性があるのだろうか。
このご時世、固定電話の世論調査のバイアスをどうやって是正しているのだろう。
しかし、各紙、一緒の時期に調査して報道するのはなんでだろ。単なる横並び症候群だろうか。

電力会社がプルサーマルを資源のリサイクルとしてテレビコマーシャルを始めている。
MOX燃料ではウランにプルトニウムを一割混ぜるだけだから、プルサーマルで節約できるウラン燃料はわずか一割。そのためにかかる費用は兆単位の天文学的なだから、コストベネフィットを考えるとウランを一割余計に買って備蓄しておいた方が得だ。
使用済み核燃料も高レベル放射性廃棄物も長期にわたる地層処分が必要だ。使った時間よりも長い時間を地層処分に当てなければならないのは、リサイクルなんだろうか。
しかも、使用済み核燃料をそのまま中間貯蔵しておく方が、プルトニウムを抽出するよりもテロリスト対策としてははるかに安全だ。
実際に何が起こっているかを国民に知らさずに、テレビコマーシャルでひたすら洗脳しようとするのは、民主的ではない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする