大きな一歩

2013.09.20

原子力利権を赤裸々に描いた小説、「原発ホワイトアウト」がウォールストリートジャーナルのネットにも取り上げられました。
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/09/19/fukushima-watch-who-wrote-the-new-anti-nuke-novel/
おすすめです。
安倍総理が福島第一原発を視察され、5号機、6号機の廃炉を要請しました。
これについてもウォールストリートジャーナルのネットは、
「Fukushima Watch: Moving to Pull the Plug (Finally!) on Daiichi’s Last Reactors」
というタイトルで記事にしています。
この2つの原子炉を廃炉にするという当たり前の決断すら自分でできない東電の経営陣にまともな事故処理ができるとは思えません。
さらに福島第二原発の原子炉も、当然に廃炉にするべきです。
現在の東電救済スキームを作成した民主党のなかからも、事故終息宣言が事実上撤回されたと経産省が明確に認めた以上、この救済スキームも破綻したと認めざるを得ないという声が出始めています。
今、なにをすべきか、与野党が力を合わせて事故対策に当たるべきです。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする