「東電は後から破綻処理させます」

2011.07.07

財務省主導の東電救済スキームは、巨額の報酬を得ている東電の経営陣には責任を取らせず、株主は保護し、金融機関の責任も追及しないのに、全国レベルで国民には値上げした電力料金を負担させるというとんでもない利権保護策だ。

当初、このプランに乗っていた経産省が、日和見をはじめた。

当初は、財務省プランでスタートするが、折を見て、東電を破綻処理させますという経産省プランを持って、経産官僚が議員会館を回り始めた。

財務省スキームに対する国民の抵抗が強いと見て、一人だけいい子になろうとしているのか(そんないい子でもないのだが)。

そんな回りくどい手法を使う必要性は全くない。堂々と最初から破綻処理させるべきだし、東電のやる気のある社員からも、ゾンビ企業の一員として、先が見えない中、可能性の閉ざされた企業で働くよりも破綻処理して一から出直す方がやりがいがあるという声も寄せられる。

今朝も楽天の三木谷会長、フューチャーアーキテクトの金丸会長やサイバーエージェントの藤田社長などのグループの勉強会で、エネルギー政策に関する講演をさせていただき、政府の東電救済策がいかにひどいかを訴え、参加した皆さんの賛同をいただく。

新しい日本経済を引っ張っていくこうした経営者とも一緒に声を上げて、きちんとした東電処理が行われるようにしていきたい。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする