資料読み

2008.08.15

環境省の政策棚卸しの資料の読み込みを始める。

役所の資料の他に、NGO等から寄せられた資料もある。
おやおや、いろんな資料があるぞ。

「環境省が見た文部科学省の政策棚卸し」なんて資料もある。
環境省の担当者が文部科学省の政策棚卸しを傍聴した記録だ。
結構いい加減なメモで、評価者が思いつきで発言する、等と書かれているが、評価者は思いつきで発言しているわけではない。
担当者は最後の二週間、徹夜で死にそうになっていた。
吉野副大臣が座長をしていたわけだから、直接聞けばよいのに。

島原の雲仙岳の噴火後の平成新山ネイチャーセンターなる箱ものの資料もある。
県の建てた記念館があるのに、国土交通省が二カ所と環境省が一カ所(平成新山ネイチャーセンター)記念館を建てている。
展示内容の一覧を見ると、みなほぼ同じ。
箱もの四つで60億円。

環境省の予算は決して多くはないのに、明らかに無駄に使われている30億円の事業がある。
こりゃ、そうとうひどそうだ。
環境省もこのひどさは認識しているようで、いろんなメモが出てくる。
これだって、名前を聞けばごもっとも。問題は、政策目的に手段が全くあっていない。

天下り関係の資料には、天下りよりひどい実態が出ている。これは政策棚卸し以前の問題だ。しかし、大臣は何をしていたんだ?

自民党本部には、山崎さんが二人いる。
そのうち一人が無駄遣い撲滅PTの担当者。
党本部に電話して、ヤマザキさんを、と言うと、ヤマザキは二人おりますが、どちらのヤマザキでしょうと必ずたずねられる。
最初のうちは、無駄遣い撲滅PTを担当している山崎さんなどと言っていたが、そのうち短くなって、無駄遣いの山崎さんとか、無駄の山崎さん。それでもちゃんと通じるのだが。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする