衆議院の新会派

2014.07.25

7月24日、衆議院議運理事会が開催され、日本維新の会及び結いの党から会派解散届が提出された。

新たに41名の日本維新の会・結いの党、および19名の次世代の党から会派届が提出された。

委員会の理事の割り当ては
20名委員会は自民3、民主1、維結1
25名以上、政倫審は自民5、民主1、維結1、公明1
議運、予算、憲法は自民6、民主1、維結1、公明1

院内控室の割り当ては、維結と次世代が協議した結果、維結が26、27、31控室、次世代が5控室を使用することになった。

国会法、衆議院規則、参議院規則が改正され、情報監視審査会が運用されることになり、その協議が行われた。

党本部で、午後3時から総務会。

平成27年度予算の概算要求に当たっての基本的な方針案、国の行政機関の機構・定員管理に関する方針案、国家公務員の総人件費に関する基本方針案が承認された。

概算要求基準では、年金・医療等に関しては、前年度当初予算に高齢化等による自然増分として8300億円を加算した額を上限とする。

来週の総務会はなし。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする