おすすめの一冊

2013.08.22

不定期に取り上げているおすすめの一冊、今回は
「すごい実験」
高エネルギー加速器研究機構 多田将 著
イーストプレス
難しいことをわかりやすく説明するとは、まさにこういうことかと納得する一冊。
サブタイトルが「高校生にもわかる素粒子物理の最前線」となっているのだが、多田将という金髪で長髪の科学者が中央大学杉並高校の生徒に行った講義をまとめたものだから、非常にわかりやすい。
素粒子の実験に使われる加速器とはどんなものかという具体的な説明から入って、スーパーカミオカンデでどうやってニュートリノを捕えたか、あるいは重力、電磁力、強い力、弱い力とは何か、宇宙は今後どうなっていくのかなど、わかりやすく説明してくれる。
スターウォーズのライトセーバーやガンダムのビームサーベルは実際に作れるのかとか、加速器のSpring-8でどうやって毒入りカレーの何を調べたのか、なんて話もあって、読んでいて飽きない。
最後に「研究とは、東急ハンズの棚に商品を並べていくこと」と著者が言うが、それもまた、納得できる話だ。
ダン・ブラウンの天使と悪魔を読んでおもしろいと思った人には間違いなくおすすめだし、ガンダムを好きな人は読むべきだ。(なぜなら「ガンダムのビームライフルと加速器は同じもの」だから。)



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする