日本産の農作物を輸出するために

2013.03.21

農水省の農林水産物輸出入概況によると、2011年に日本から輸出された農林水産物の輸出額は4511億円。そのうち農作物の輸出額は2650億円。
この統計で農作物に分類されるものを輸出額が多い順番に並べてみると、たばこ260億円以下、ソース混合調味料200億円、アルコール飲料190億円、播種用の種110億円、清涼飲料水100億円、豚の皮90億円、菓子(米菓をのぞく)90億円、植木70億円、リンゴ65億円...。
他方、日本商工会議所がまとめた資料によると、原発事故の影響を除いても、日本からの農作物の輸入を禁止している国々が結構多いことがわかる。(下記以外に福島原発事故の影響で輸入禁止されているものや地域がある)
たとえば中国が日本からの輸入を認めている農作物は、ナシ、リンゴだけ。どちらも中国から輸入許可証を事前に取得しなければならない。コメについては燻蒸をしなければならない。
インドは、サクランボ、モモ、タマネギコメに関しては輸入許可証を取得すれば日本から輸入できるが、それ以外の農作物は輸入できない。
アメリカ(本土)は、ショウガとコメの輸入が事由であるほか、輸入許可証を取得すれば、キウイ、イチゴ、ミョウガ、タマネギナガイモ、ワサビなどが認められる(このうちナガイモを除いては奄美諸島、小笠原諸島、琉球諸島、トカラ列島、硫黄列島産のものは輸入できない)。この他、検疫条件付きでナシ、ミカン、リンゴの輸入が認められる。
オーストラリアは、米の輸入は認めるが、カキ、キウイ、ナシ、リンゴ、ミカン等については検疫条件付き、その他の産品はだめ。
ニュージーランドについても米の輸入は認めるが、ミカン、リンゴとタマネギが検疫条件付きで認められる他は輸入できない。
韓国はカキ、キウイ、サクランボ、ブドウ、ミカン(四国、九州、南西諸島産を除く)、イチゴ、カボチャ、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ニンジン、ワサビ、コメ、トマト(与那国島を除く)、ナガイモ(大東諸島、小笠原諸島、北緯30度以南の南西諸島を除く)などは輸入できるがナシ、ビワ、モモ、リンゴ、キュウリ、スイカ、ピーマン等は輸入できない。
台湾は、トマトを除き、日本産のほとんどのものが輸入を認められている。ただし、ナシ、モモ、リンゴには検疫条件がつく。
香港はほとんど全てのものが輸入可、しかも植物検疫証明書も要らないものがほとんどだ。
こうしてみると、本当に検疫の問題なのか、あるいは単なる障壁になっているのかわからないものが結構多い。
しかも中東やモンゴルなどはこうしたルールに関する情報すら乏しい。
日本の農作物を輸出するためには、まずこうした検疫条件が科学的に本当に必要なものなのかどうか、オールジャパンで交渉していく必要がある。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする