議事録を読みましたか

2012.03.13

予算委員会の分科会の質問通告をブログにも出し、質問も今回は一番バッターだったので、時間もずれたりせず、滞りなく終わった。

厚労大臣の答弁もいろいろあったので、質問の内容の解説をブログにアップしようと思っている。

しかしっ。

議事録が衆議院のホームページにアップされない。

3月13日現在、予算委員会の議事録の掲載は、2月9日を最後に止まっている。

予算委員会第五分科会の議事録は、平成23年2月25日で止まっている。

本会議の議事録は、2月23日が最後の掲載になっている。

つまり、予算は衆議院を可決通過しているが、その議論の過程は読めない。もちろんインターネットの録画を見ることはできるが、それと議事録の掲載はまるで違うものだ。

与党も野党も、議論をベースに国民に説明をすることはたくさんあると思うが、議事録が掲載されていなかったら、どうするのだろうか。

実は、議事録はできている。衆議院の事務局にくださいというと、翌日には速報版がもらえる。しかし、それはあくまでも議員用であり、外部への公開を前提とはされていないので、外に出してはいけませんよという注釈付きだ。

速報版があるならば、それを載せる。訂正があれば訂正し、訂正があったことをどこかに載せる、でいいのではないか。

国民の税金の使い道を議論しているのに、国民がその会議の議事録を読めないなんて、そして、国民がその会議の内容を知ることができないのに、採決だなんて。

自民党の国対に、早速の対処を申し入れた。

衆議院議長は、国民に対する説明をどう考えているのか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする