大きな怠慢、大きな迷惑

2010.10.29

菅内閣と民主党執行部は意思疎通ができているのだろうか。

補正予算が提出されても財政演説が行われない。昨日、今日と総理がASEANの会議に出席することは、とっくの昔からわかっているはずなのに、なぜ、その前に補正予算を提出し、財政演説をやらなかったのか。

来週の月曜日、1日には衆議院の予算委員会の集中審議がすでに入っている。

だから財政演説は早くて2日。3日は文化の日。

4日に代表質問。この日に衆議院と参議院の両方の代表質問をやらなければ、5日は勲章の親授式で、総理は、午前、午後の二回、宮中にいかなければならない。

8日、9日に衆議院で予算委員会。しかし、10日は経産大臣がAPECの大臣会議。

11日に参議院の予算委員会入り。しかし、12日はG20で総理と財務大臣がいない。15日に参議院の予算委員会2日目で、夜、補正予算成立。これがおそらく最短ケースだろう。

みんなわかっている日程なのに、なんであと数日、補正予算を早く出さないんだ?

仙谷さんがどこかで余計なことを言ったり、TPPで閣内が不一致になったりすれば、予算審議はさらに遅れる。

この補正予算が終わらないと、決算行政監視委員会がスタートできない!!

このまま行くと、平成20年度決算と予備費の審査がスタートできるのは16日以降になりそうだ。それが参議院に送られて、その後に平成21年度の決算が国会に提出され、その審査が始まる。

それが終わって初めて、決算行政監視委員会で事業仕分けを始めることができる。国会が12月3日の会期で終わってしまったら、かなり日程はタイトだ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする