北朝鮮による核実験実施発表に対する抗議声明

2009.05.26

北朝鮮による核実験実施発表に対する抗議声明
5月25日、北朝鮮は2006年の核実験の際に国際社会が行った抗議や制裁措置などを省みることなく、2回目の地下核実験を行ったと発表した。これが北朝鮮に関する国連安保理決議1718号や六者会合において2005年9月19日に合意した共同声明等に違反することは明白である。

今回の核実験は本年4月5日のミサイル発射に続く、国連安保理決議に違反する暴挙であり、北朝鮮にかかわる諸問題を平和的に解決するために努力してきた我が国をはじめ関係国に対する背信行為である。さらに弾道ミサイルのみならず、国際取決めに違反した核兵器の開発は東アジア地域、ひいては国際社会の平和と安定にとって看過できない重大な脅威であり、北朝鮮の行為は遺憾の極みと言わざるを得ない。

 振り返れば、北朝鮮は核兵器開発・日本人拉致・弾道ミサイル開発など次々に問題を引き起こし、かつ、極めて挑発的かつ非友好的な態度に終始してきた。おりしも国際社会は、オバマ米国大統領の歴史的決断を受け、「核兵器のない世界」へ向けて行動を開始しようとしている。今回の核実験はこれに完全に逆行するものであり、特に唯一の被爆国である我が国としては、かかる暴挙を断じて容認できない。北朝鮮指導部は直ちに政策を転換し、国連安保理決議を遵守し、六者会合合意事項を履行するとともに、NPTに従ってIAEAの保障措置を受け入れ、国際社会のルールに従って核兵器開発を放棄しなければならない。
ここに北朝鮮による2回目の核実験を強く非難し、また、北朝鮮が国際社会の声に応えることを強く要求しつつ抗議の声明を発するものである。

2009年5月26日
衆議院議員・外務委員長 河野太郎



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする