オバマ政権からのメッセージ

2008.12.04

結婚したばかりのダニエル・イノウエ上院議員が、新妻のアイリーン・ヒラノを伴って来日。
オバマ新政権からのメッセージを日本側に伝える役割だ。

グレン・フクシマ氏が主宰する在東京の日系アメリカ人のスタディグループに新婚夫婦をお招きして、ディスカッションする。
また、最近の日本の政治情勢について、正直な話が聞きたいとホテルのバーでペリエを飲みながら、お話しする。

日本では、日米関係の今後をかなり心配しているが、新政権や新国務長官が巷間言われているように、日本を飛び越えて中国と仲良くやろうというわけではないと力説する。

日米関係よりも日中関係のほうが問題が多いのだから、国務長官の時間がそれによけい割かれても、当たり前だ。そんなことを心配するような日米関係ではない、と。

日本側から積極的に、日本はこうするということをアメリカに発信するべきで、何か言われることを待つようなことではいけない、遠慮深い日本は卒業するべきだ、とも。

引き続き日系アメリカ人と日本の関係強化にいろいろと努力しようという話をする。
来年三月にはまた、日系アメリカ人の代表団が来日するし、このプログラムのOB会が来夏には開かれることになるだろう。

日米関係のなかで、日系アメリカ人の果たす役割は大きいはずだ。だから総理や外務大臣が訪米するときには、ハワイやカリフォルニアの日系人コミュニティに足を運ぶことが大切だと思う。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする