夏風邪とギランバレー症候群

2007.07.12

参議院選挙に突入するが、比例区の投票方式と当選者の確定のしかたがやはり浸透していない。
タレント候補者は順位が上だから当選するんでしょという声が結構多い。いえ順位はないんで比例区も個人名でお願いします。
神奈川は全国で党名で投票する人の割合が一番多い。個人名で投票してくださいとどこへ行ってもお願いする。

比例区の候補者の一人の体調が話題になる。
難病なんだってな、大丈夫かと尋ねられるので、難病でも治る病気なんですよ、もう動き回っていますから選挙や政治活動にも問題なさそうです、と説明していたら、そこにいたある人が、河野さん、あの人はギランバレー症候群だろ、ゴルゴ13と同じだね。
思わず、はあっと聞き返すと、ゴルゴ13もギランバレー症候群にかかって引き金を引けず、仕事せずに潜伏していたときがあったそうだ。今はちゃんと仕事しているから、ギランバレー症候群なら心配ないよ。
うーん、そういうもんかなと思ったが、ゴルゴ13と同じだという説明に納得してくれた人もいて。
麻生外務大臣ならとっくにご存じだっただろう。

ペシ坊に夏風邪をもらったか、咳とハナがとまらない。
事務所のスタッフから倒れる前に寝てくださいと言われ、さっさと早く寝よう。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする