ああ、やっぱり

2007.03.14

今朝の自民党の環境調査会、地球環境委員会、環境部会の合同会議で、経済産業省や国土交通省から温暖化対策の進捗状況についての説明がある。
中には順調に達成しているものもあり、なかにはかなり目標達成が難しいものもあるが、それらを考慮して、京都議定書の目標達成はできるのか。
で、どうなのよと環境省に尋ねると、答えはかなり難しい。
ああ、やっぱり。

どれぐらい足りないかと聞くと、かなり。二桁になるかという問いには、計算中で何ともいえない。
やっぱり京都議定書の目標達成はほぼできない。
去年、一昨年に、このままでは相当難しいぞという前提で、どうするのかという議論をはじめるべきだった。
議定書の目標を達成できないということが固まってきた以上、これから先の議論は、ではどうするかという議論にしなければならない。
排出権なのか、しらばっくれるのか、罰金払うのか。
次の期間はどうするのか。
各種の施策を義務化していくのか。
地球を壊してしまっては何にもならない。
もちろん発展途上国やアメリカを入れなければならないが、日本としての考えを出していかないと。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする