不良債権

2007.03.16

今日の外務委員会で、在日アメリカ大使館の家賃問題が取り上げられた。
ホテルオークラ前のアメリカ大使館の土地は国有地で、アメリカに賃貸で貸している。
約12000平方メートルの土地の賃借料が年額250万円、平方メートルあたり月200円だ。安い!
が、もっと驚くのは、その家賃をアメリカは1998年から滞納していること。
取り立て交渉はどの役所だと聞かれても、役所は財務省と外務省ですと答え、責任がはっきりしない。
麻生外務大臣が、経緯を調べて交渉をしますと答弁。
アメリカ政府が払っていないのは、これだけではない。
不良債権化しないように気をつけないと。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする