レストランNZ

2006.04.18

行革特別委員会で副大臣答弁。
質問者は市村浩一郎!

市村浩一郎といえば民法改正。特に公益法人制度改革。
確かに彼の熱意は非常に感じるのだが、空回りしている。

内閣委員会で一度答弁したのだが、再度の呼び出し。
民法改正の市村案と政府案のどちらがよいかという質問なので、政府案だ、と。
答弁書を読まないでと言われるので、いや読んでません、政府案の方がよいです、と。
政府案を修正することは考えていないので、どうぞ対案を出して国会でご審議下さいと申し上げる。
でも基本的な考え方は一緒だと思うんだが。
市村がんばれとエールを送ろう(そんなものいらんから修正せいと言われそうだが)。

ジム・サットン通商交渉次席大臣を囲んでニュージーランド大使公邸での夕食会。
めちゃくちゃ食事がおいしい。
メニューは
New Zealand Green Shell Mussels in Saffron & Fennel Broth
Barbecued Grouper with Tomatos, Basil & Sherry Vinegar
New Zealand Lamb Loin Wellington
Rockmelon in Gewurztraminer Jelly
NZ大使公邸での着席ディナーは吉兆の会合を断っても行くべし。

ニュージーランド大使館政治部のポスト小泉の予測はFUKUDAだった。でも大使館の隣は麻生邸なのに。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする