2005年4月14日号

2005.04.14

環境部会。
ブラックバス問題がクローズアップされている外来生物の問題で、環境省がとりまとめたでたらめな案が部会にかかる。
ヒラタクワガタのように国内で既に交雑した個体が発見された種が指定を受けず、フクロギツネのように日本で繁殖した例もないものが指定されている。
フクロギツネは海外で被害の例があるなどと環境省は逃げるが、フクロギツネ同様に海外で被害を出しているものが数多く指定されていない。
水野部会長、谷津小委員長もこの環境省の矛盾を問題視し、第二次の種の指定前に自民党内で議論し、指定すべき種を決め、環境省に指定させることになった。
この問題といい容器包装リサイクル協会のでたらめな入札(というか実態は入札していない)といい環境省が何かの利権で動いているとしか思えないことが最近多い。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする