2001年8月9日号

2001.08.09

恐怖のオーストラリア出張。
六日の夜成田を発って、七日の十一時にキャンベラ着。四十時間強の滞在で、キャンベラ発、帰国。
キャンベラというのは、人工的に作られた首都で、非常に限られた機能しかない街。観光のガイドブックにもキャンベラは数ページしかないが、ほとんど観光で行って見るべきものはない。
しかも、キャンベラ滞在中の大半を国会議事堂の中で過ごし、オーストラリア滞在中、ホテルと国会議事堂、それと夕食に行った中華料理店とイタリア料理店(キャンベラの食堂街に隣り合わせにある)しか行かなかった(そういえば労働党と自由党の党本部にも行ったか)。
て、ことはキャンベラに見るべきものがあるかどうかもわからないか。
キャンベラを訪問するならば、ガイドブックとしては、大使館の作っているキャンベラ案内がベストだと思う。

オーストラリアの主要な四つの政党が共同でオーストラリアの政治交流会議を設置し、オーストラリアの連邦議会、州議会の議員、及びスタッフが海外を訪問し、また、外国の議員をオーストラリアに招待する活動を始めて二十年目にあたる。
日本を過去にこのプログラムで訪問した議員は、今回、昼食、夕食、レセプションと何度も顔を見せてくれ、実に親日的。日本以外を訪れた議員も、このプログラムを大事にし、レセプションには、下院議長や大臣も出席してくれる。
だから今回も外務大臣をはじめ、与野党の主要メンバーが時間をとってくれた。
オーストラリアの国会議事堂は、そのなかに各議員の事務所もあり、いわば日本の国会と議員会館をあわせたようなもの。下村代議士曰く、日本の国会議事堂のなかにもこんなに長くいたこと無いよ。

オーストラリアは、今年中に行われる総選挙に向けて、盛り上がっている。
自由党・国民党の連立が政権を守るか、労働党が政権を奪回するか、民主党がどの程度の台風の目になるのか、悪名高いワンネーション党は、どうなるのか。
貿易相手が景気悪いにもかかわらず、オーストラリアの経済は非常に好調だ。導入されたばかりの物品サービス税にあわせて、所得税をどうすかのか、教育や環境問題などが争点になる。

団長の園田代議士は一日にたばこ50本をすうヘビースモーカー。しかし、オーストラリアは国会議事堂、ホテルのロビー、レストラン、全て禁煙。
寒空の中を外で背中を丸めてたばこを吸う団長の姿が、そこここで見られた。
帰りの飛行機は八時間五十分の禁煙。スチュワーデスに頼んで、非常口からこっそり外に出て、翼の上で、たばこを吸っている団長の姿が、窓からみえるわけはないか。

日程などは、ホームページを参照下さい。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする