2000年1月21日号-2

2000.01.22

早速のシーズンチケットのご注文、誠にありがとうございます。
やっぱり、宣伝ってしてみるものですね。
さて、ヴェルディの前園選手が湘南にレンタル移籍いたしました。
本当は、25日に記者会見で発表のはずだったんですが.....。漏れてしまった。
UNFIPという組織が国連の中にあります。
そんなのあったっけという方、ご心配なく。
テッドターナー氏が何年か前に国連に1000億円を寄付するという声明を出したときに、国連がその受け皿に作った組織です。
ターナー氏側は、国連の許可を得て、United Nations Fund(UNF)という組織をつくり、これがUNFIPのカウンターパートです。
UNFIPのヘッドが来日し、日本からの協力のあり方について意見を求められる。
このお金を使って、日本の技術者を発展途上国に派遣するようなプログラムがいいのではないか。
日本は拠出金を出しすぎているし、日本の人的貢献は遅れているから、一石二鳥ではないか。
その際、学位にこだわるのはやめるべきだ。
ちなみに、ビルゲイツ氏も同様の寄付を考えているらしい。
その一部をベルマーレに、というわけにはいかないか。
消費特がなくなり、遺伝子組換えの議論をどこでするのか。
自民党内は、農水部会でやることになったのだが。
循環経済法、自民党案(自民党案になった役所案!)と太郎塾案の違いを浮きだたせる資料づくりを始める。
週末に太郎塾ミーティング。
しかし、今回のこの党内および役所をまとめるプロセス、政治家のリーダーシップはどこにあるんだ。
自民党の環境部会長は調整役ではなく、自ら政策を作り出すイニシアチブをとれ!
本会議の議席、山中あき子、木村太郎二人の入党で二つずれる。
で、棚橋、河井両代議士が二列目に昇格!?河井のかっちゃん、えらく喜んでいた。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする