99年11月9日号

1999.11.10

特定郵便局長有志と金融機関の勉強会をセットアップ。
郵便貯金が民営化せずに生き残れるとは考えにくいが、小泉さんのように、無理矢理民
営化だ、というのではなく、特定局長さんが自らこれではいけないと民営化を志向するようになるべきだろう。
だんだん店舗を整理し、e?commerceに出てくる銀行が、本気になって金利をあげてきたら、郵便局は生き残れるのか、と結構みな考え込んでいたようだ。
霞ヶ関と現場の郵便局の利害はもはや一致しない。
特定局長さんも、これから大いに考え、悩む時期に来ているようだ。
国会テレビに出演。
全国のケーブルテレビのうち、国会テレビをサービスに入れているのはわずか4局しかないそうだ。
平塚がたまたまその一つなので、いままで当たり前に見ていたが、大多数の家庭ではCSでないと見られないそうだ。なんか変なの。
外務委員会理事懇。
自由党原理主義者の西田さんが、席のならべ方にこだわる、こだわる。
まあ、そこは適当でいいんじゃない、とはなかなかいかない。
野党理事、いきなり藤波問題も一応解決したので外務委員会を開いてもいいとのたもう。何言ってやがんだ。
外交は動いているのだから、案件でたら、委員会開くのがあたりまえじゃないか。
与野党の駆け引きに外交まで使われたんじゃ、国益も何もあったもんじゃない。
いきなり、野党が質疑三時間やるから、与党が三十分で三時間半ぐらいでどうだ、と来る。ぶちきれた。
ちょっと待て。私は今まで、平委員時代質問したくても自民党は質問時間がないからだめ、と何回涙を飲んだことか。
私が理事になった以上、こんな馬鹿なことをやられては困る。
ルールどおりに時間を割り振れ。
鈴木筆頭理事が、それが原則であると確認するならば、少し野党に時間を譲ろうと手を打つ。
与党一時間、野党二時間。与党は、三党二十分づつ。
西田さんが太郎ちゃん、自民党で時間もらえなかったら、ぼくの分を五分あげる、といってくれる。
鈴木筆頭が、河野さん、トップでやれ、と言ってくださり、決着。
そして、また、西田原理主義者が質問席と答弁席の位置、委員長席の位置の位置関係で....。
外務理事懇終わるや否やJリーグから電話。
小長谷さんが新球団の社長を正式に受諾してくれた。
チェアマンと一緒に記者会見。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする