99年10月16日号

1999.10.17

環境関連のNGOの一つである環境オープンゼミというのがあります。
学生が中心のNGOで、各政党に環境問題のアンケートを送り、回答をならべて、どの政党の環境政策がいいか、判断してもらおうという試みをやっています。
で、環境オープンゼミから回ってきた質問を、何と自民党政調は、環境庁に丸投げしている!!
我が党には環境政策はないのか。
というか、環境政策に限らず、うちの党の執行部は、自民党の政策プログラムをつくる必要性を感じていない。
結局、役所のプログラムを国会で通過させているだけではないか。
環境庁のスタッフは、このためだけに休日出勤をやり、一人過労で倒れたそうだ。
こんなことで過労死にでもなったら、犬死にだぜ。
環境オープンゼミの諸君、自民党からの回答には、環境庁とラベルを張り替えて下さい。
そういえば、太郎塾にも、環境オープンゼミ出身者がいたっけ。
塩崎恭久 元大蔵政務次官が、怒っている。
新しく、大蔵政務次官になった林さんは、大蔵省シンパで使えると見たのか、大蔵省は林さんの選挙区でいろんな口実でセレモニーを開催し、政務次官が地元で晴れ舞台に立てるようにせっせとアレンジ。
反大蔵省で頑張った塩崎恭久の場合、大蔵省は何一つ、そんな舞台を設定しなかったそうだ。
まあ、いいじゃないか、塩崎さん。君は実力で舞台を作っている。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする