ごまめの歯ぎしり

2000年12月23日号

国連分担金問題、一応決着。名案というか珍案というか、賛否両論あるかもしれないが、現実的。 佐藤大使とコンビでここまでやってきたアメリカのホルブルック国連大使もここで、交代だろうし、国連改革も共和党政権で停滞か。 飯倉公館 …続きを読む


2000.12.23 | 詳細はこちら

2000年12月21日号

委員会人事。来年の通常国会は、外務委員会理事と環境委員会委員、沖北特(北海道・沖縄開発特別委員会)の委員ということになりそうだ。 党の人事はまだ確定はしないが、行革本部の幹事ということで22日の十時に最初の役員会が招集さ …続きを読む


2000.12.21 | 詳細はこちら

2000年12月19日号

来年度予算の大蔵原案内示へ。これから各部会で、復活折衝に出かける大臣を送り出すセレモニーとか、いろいろやる。意味はないが。政務次官室で、政務次官の自腹で応援部隊である族議員にいろいろなものをふるまうらしい。後学のために一 …続きを読む


2000.12.19 | 詳細はこちら

2000年12月7日号

党税調小委員会。外形標準課税について。 地方行政部会の西川代議士(栃木)や新潟の吉田六左右衛門代議士らが地方財政を考慮すると外形標準課税の導入をすべしと強く主張。それに対し、岸田商工部会長らが反対。 棚橋代議士が自治省が …続きを読む


2000.12.07 | 詳細はこちら

2000年12月4日号

自民党の税調小委員会。 国王がむやみやたらと税金を取らないようにということで、議会という制度が始まったと学校で習ったことがあるが、この党税調を見る限り、現実は全く違う。 党本部の701号室に自民党の議員がぎっちりと詰め込 …続きを読む


2000.12.04 | 詳細はこちら

2000年11月29日号

複数のNGOによると、もんじゅの蒸気発生器伝熱管の傷を発見するための検査機器の開発に携わっていたメーカーが、検査機器の精度に自信が無くて、開発から降りた。この検査機器は、核燃料サイクル開発機構からメーカーが委託を受けたも …続きを読む


2000.11.29 | 詳細はこちら

2000年11月28日号

フロン法を自動車リサイクル法と切り離すことで、党内合意。 回収に関わる費用をどうやって徴収するかが次の争点。環境部会は、新車を購入時にフロンの回収費用の負担を求め、中古車にはその価格を転嫁していけばよいとの考え。商工部会 …続きを読む


2000.11.28 | 詳細はこちら

2000年11月27日号

明日、商工委員会で採決予定の原発立地促進法案に関し、商工委員会を一時的に首になる差し替えとなりました。 自民党内の審議では、当時とりまとめ役だった桜井前代議士に、はっきり国会では賛成しがたいと申し上げており、さらにこの法 …続きを読む


2000.11.27 | 詳細はこちら

2000年11月25日号

高熱が続き、ダウンしています。 先週末より、メールをたくさんいただき、ありがとうございます。貴重なご意見をお寄せいただいたことに対し、厚く御礼申し上げます。 さて、原発立地促進法の商工委員会採決が二十八日です。この法案に …続きを読む


2000.11.25 | 詳細はこちら

2000年11月18日号

金曜日に、フロン回収に関する参考人招致があり、通産省が音頭をとって業界紙や業界を使ってフロン法案をつぶしにかかっている様子があぶりだされてきましたが、月曜日夜に、不信任案が提出されるため、一時休戦。 さて、不信任案ですが …続きを読む


2000.11.18 | 詳細はこちら



河野太郎にメールする