来年度予算

2021.12.29

来年度の予算案がまとまりました。

総額107兆5964億円と過去最大となりました。

新型コロナ対策予備費の5兆円を除くと102兆5964億円。

国債費も24兆3393億円と過去最高です。

日本の予算が赤字国債を出さないで組めた最後の年が1990年度ですが、それと来年度予算を比べてみましょう。

1990 2022
25.1 26.1 社会保障を除く一般歳出
15.3 15.9 地方交付税
11.6 36.3 社会保障費
14.3 24.3 国債費
–.- 5.0 コロナ予備費
66.2 107.6 総額
66.2 102.6 (コロナ予備費を除く総額)

予算の総額(コロナ予備費を除きます)は、36.4兆円増えていますが、社会保障を除く一般歳出は1兆円の増、地方交付税は0.6兆円の増です。

他方、国債費はこの低金利下で10兆円増え、社会保障費は24.7兆円増加しています。

つまり、この30年余で増えた予算のほとんどは社会保障費と国債費なのです。

そのあおりで、社会保障費以外の一般歳出は30年以上でわずか4%しか増加できていません。

この中には研究開発費、防衛費、ODA、公共事業など様々なものが含まれますが、その合計がほとんど増やせていません。

今後、社会保障費をどうしていくのか、財政再建をどうしていくのか、国民的な議論が必要です。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム SSL GMOグローバルサインのサイトシール

河野太郎にメールする