写真サイズの統一

2021.05.28

各種身分証や資格試験の写真について、サイズや撮影時期を確認した結果、写真サイズを4種類に集約することができました。

主な証明写真58種類を確認したところ、サイズについては14種類、撮影時期は6種類に分かれていることが分かりました。

サイズが一つ一つ違うと、わざわざ写真を撮る手間やコストがかかります。撮影した写真も余りやすくなります。これらは無駄です。

このため、写真のサイズや撮影時期をできる限り統一できないか検討を行い、各府省に確認した結果、写真サイズについては、証明写真機で用意されているサイズが利用しやすいよう、
運転免許証サイズ(2.4cm×3.0cm)
履歴書サイズ(3.0cm×4.0cm)
大型サイズ(4.0cm×6.0cm)
パスポート規格(3.5cm×4.5cmで顔中心の人物配置)
の4種類に集約することとしました。
 
撮影時期については、58手続中46手続が「6カ月以内」としていました。

これより短い期間を定めている10手続(3か月以内、最近撮影したもの等)については、「6カ月以内」といたします。

これらの見直しは、原則、今年度から令和4年度までに完了させます。

また、今後、他の手続の写真についても見直しの方針に沿った検討を行います。

あわせて、写真の提出のデジタル化も重要です。

スマートフォン等で撮影した写真データをオンラインで提出できるのが便利ですが、現在データ提出できるのは一部にとどまっています。

今後、写真のデータ提出についても、推進してまいりたいと考えています。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム SSL GMOグローバルサインのサイトシール

河野太郎にメールする