イランのウラン濃縮

2019.07.27

イランがウランの濃縮レベルを高めています。
 
イラン核合意で定める上限は3.67%ですが、すでにイランはこれを超えています。
 
イランはかつて約20%までウラン濃縮をすすめたことがありますが、これは医療用だと説明していました。
 
イランは9月5日頃までを猶予期限としていますが、その後、ウラン濃縮レベルを更に引き上げる可能性もあります。
 
仮にそうなった場合、核合意に基づき英仏独を含む他の核合意の当事国がイランによる核合意の不履行を申し立てる可能性が排除されません。
 
その場合、問題の解決のために、核合意当事国による協議が行われることになります。
 
それでも問題が解決されず、申立国がその問題を核合意の重大な不履行とみなせば、安保理に通報することができます。
 
安保理への通報が行われると、安保理で『制裁解除を継続する』決議が採択されない場合、過去の安保理決議による制裁が復活します。(スナップバック)



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする