招待状は来てました!

2013.06.28

経産省の説明によれば、今年の一月に、ドイツの環境大臣から茂木経産大臣宛に、IRENA総会と併せて開催される夕食会への招待状が届いていた。
そのなかに、その夕食会で、「再生可能エネルギークラブ」を新たに設立するための議論を行いたいので、日本にも参加してほしいと明記されていた。
しかし、IRENA総会には、経産省の政務三役や事務方のハイレベルが日程的に参加できなかった。
結局、IRENA総会の日本代表団は外務大臣政務官をトップに、経産省からは課長が参加。
当該の夕食会には、外務大臣政務官も出席せず、日本からは政務、事務、誰も参加しなかった。
で、経産省の「対応方針」は、
『1.再生可能エネルギー普及に向けて各国が協力することは重要であり、本クラブの動向についても、積極的に情報収集を行う。
2.他方、我が国として同クラブに参加するかどうかについては、費用対効果、IRENA活動との関係、気候変動交渉への影響等見定めるべき論点が存在するため、関係省庁とも協議しながら検討する。
3.同クラブ参加への門戸は常に開かれているため、我が国にとって参加することが有益と判断される場合には、速やかに窓口であるドイツ政府に通知する。』
ばっかじゃなかろうか。
しかも対外的には嘘の説明つきまくってきたし。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする