イフタール

2012.08.13

The Ambassador of the United States of America
John V. Roos and Ms. Susan H. Roos
request the pleasure of your company
at an Iftar dinner
on Monday, the thirteenth of August
at six-fifteen o'clock

Attire:Cool Biz

ジョン・ルース米国大使が主催するアメリカ大使公邸でのイフタールの夕食会(ラマダン中に日没と同時に行われる食事)にお招きをいただきました。

ホワイトハウスでのイフタールは、200年以上前に、トーマス・ジェファソン第三代大統領がチュニジアの大使を招いたのが最初だと、今年のホワイトハウスのイフタールでオバマ大統領が述べています。

イフタールを毎年開催するようになったのはクリントン大統領になってからだそうです。

午後6時40分に日没になると同時にイマームによるお祈りが始まり、それと同時に断食していた人たちはデーツ(ナツメヤシの実)を食べ、水を飲みます。

それからイスラム教の人たちは別室でイマームとともにお祈りをして、アラビア料理の夕食が始まります。

iftar.jpgルース大使(右)とイマーム



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする