さあ、新しい日本へ

2011.08.23

前原前外相が民主党の代表選挙に名乗りを上げた。

すぐに、彼には献金スキャンダルがある云々と言い出す人がいる。

彼が代表になったら、つまり首相になったら、すぐにスキャンダルを追及するという人もいる。

やめようよ、そんなこと。

この国が直面している問題は、深刻だ。議論はおおいに必要だ。でも、政策の議論もせず、スキャンダルの追及で、無駄な時間を費やすことは避けなければならない。

もちろん、前原さんにも説明責任がある。正式に立候補する前に、やましいことはきちんと説明するべきだ。それに納得できないのなら刑事告発でもして、当局に捜査してもらえばいい。国会議員の仕事は捜査ではなくて、立法であり、予算である。やるべきことをきちんとやろう。

前原さんが小沢一郎に媚びたり、すり寄ろうとしたりしないことを高く評価する。もう新しい時代にしていくべきだ。(お互いに)

ただ、総理になるかどうかを自分できちんと判断しないで周り任せというのはいただけない。そして、自分が何をやろうとしているのか政策をきちんと訴えることが大切だ。八ッ場ダムはどうするのかとか尖閣諸島をどうするのかとか、認めてしまった官僚の現役出向をそのままにするのかとか、これまで自分がやってきたことの後始末も必要だ。

野田大臣も、党内の根回しよりも、世の中に政策を訴えなければいけない。財務大臣の仕事があるのは当然だ。その職責を務めながらでも政策を訴えていくべきだ。

馬淵さんも、どんどん世の中に政策を訴えるべきだ。そしてマスコミは、二十人の推薦人が集まりそうかどうかなどということより、彼のやろうとしている政策を世の中に伝えるべきだ。彼の政策が世の中から支持されているならば、彼を土俵に上げなければという党内の支持も集まるはずだ。候補者たらんとする者の政策を世の中に伝えず、政治部の記者の馬券予想とあまり変わらない記事を読まされても、世の中が困る。

明日、長妻さんが立候補予定者を順番に議員連盟に呼んで、税と社会保障に関する政策を聞くそうだ。オープンに、世の中向けにやってくれないかな。

自民党執行部も、この機会に、新しい国会運営のルール作りを民主党とはじめるべきだ。

震災から半年、ようやく日本も動き始めたというメッセージを出せるようにみんなでがんばろう。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする