嫌がらせか認識不足か

2011.03.30

外務委員会。
HNS(Host Nation Support)または思いやり予算に関する協定の審議。

自民党は賛成なので、質疑時間は小野寺筆頭の25分と僕の45分のみ。

まず、前回の思いやり予算に関する協定に民主党は反対したが、そのときの民主党の主張が、今回、どの程度反映されたかという質問をする。

前回の審議で民主党はこの予算は『アッシーくんの貢ぎ物予算だ』と言っていたが、まだそう思っているのか。

そうは思っていない。

前回の審議で民主党は、在日米軍は日本を守っていない、と言っていたが、まだそう思っているのか。

そうは思っていない。

前回の審議で民主党は、海兵隊は決して駐留している沖縄を守っていないと言っていたが、まだそう思っているのか。

そうは思っていない。

前回の審議で民主党は、基地外に済んでいる米軍人の光熱水費は米側が負担することになっていても、その請求書と領収書を公開させろと言っていたが、この協定で実現したのか。

していない。

前回の審議の中で民主党は、日本側が出した資金でキャンプコートニーに教会が建てられたことについて、宗教的なものに日本側の資金が使われるべきでないと言っていたが、この件について、民主党政権は米側に問題提起したのか。

していない。

前回の審議の中で民主党は、米軍の福利厚生に係わる施設の職員に対して思いやり予算で給与を支払うべきでないと言っていたが、この協定ではそうなったのか。

なっていない。

前回の審議の中で民主党は、思いやり予算の前に労務協定を変更すべきだと言っていたが、変更されたのか。

していない。

前回の審議の中で民主党は、思いやり予算の前に地位協定を改定すべきだと言っていたが、改定の申し入れをしたのか。

していない。

日米は対等な関係か。

対等な関係である。

前回の審議で民主党がこの協定に反対したのは、嫌がらせだったのか認識不足だったのか。

ムニャムニャムニャ。

きちんと方針転換の表明があるかと思いきや、前回も、実は、協定そのものには反対ではなかった、そうだ!?

自衛隊が、グアムで演習を恒常的に行うことに鑑み、自衛隊に関する地位協定を日米間で結ぶことについては、結ばないという外務省の官僚のこれまでの答弁と同じ答弁を外務大臣が繰り返すのみ。この分野では、政治主導はなくなった。

グアム協定についても、実は民主党は協定には反対ではなかった、費用負担の説明のしかたが問題だったのだと外務大臣がいうので、前回は、グアム島に建設される米軍住宅の一戸あたりのコストに関して、民主党はさんざん資料を出させたが、民主党政権は一戸あたりいくらまでならよいと考えているのか。

きちんと説明して参りたい。(いくらなんだ!?)

震災関係について事実確認の質問も付け加えた。

米国から冷却材の提供の申し出があったか、それを断ったか。

そうしたことがあったとは承知していない。

海兵隊の31遠征隊に支援要請をしたか。

米軍に対する包括的な支援要請をしている。

グローバルホークによる資料は米軍の軍事機密扱いになっているのか。一般公開するためには、機密指定を米軍が解除しなければならないのか。

その通り。

民主党の長島筆頭理事が、太郎ちゃん、あんなこと言ってたのは民主党の一部の跳ねっ返りなんだよ、というので、前回は、民主党そのものが反対したんだから、それを言うならば、長島昭久のほうが民主党の一部の跳ねっ返りでしょ。

地位協定などに関しては、外務省のお役人の言うとおりの答弁を繰り返すのではなく、与野党の政治家がそれこそ政治主導で一緒に問題提起をすべきだ。民主党が、手のひらを一気に返したために、そういう芽までつまれてしまうのはよくない。

共産、社民両党の反対の他、賛成多数で承認。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする