外務委員長室にて

2008.10.01

外務委員長室で、せっせと仕事する。

まず、平沢委員長時代に決めた主要国へ赴任する大使との理事会での意見交換会を設定する。
まず、G8(EUを含む)と中国、韓国そして国連とジュネーブの軍縮大使。駐ドイツと駐イタリアの大使の発令が出ているので、早急に理事会をセットして、意見交換する。

同様に、先の通常国会で委員会が取り上げた日本-ASEANセンターについて斎木アジア大洋州局長と打ち合わせ。
来年三月で銀座の事務所と展示場を閉鎖して、移転する。家賃その他で三千万円程度のコスト節約になる。
常設展示場については、新しい場所で試してみて、やはり不要と判断したら協定を変更して廃止する。
事務総長の民間からの公募も正式に決まった。
センターに日本政府から派遣されている職員は今年度中に半減し、部長級の定員も削減する。
予算管理については透明性の高い会計処理方法を導入する。
こうした合理化で、事業に影響なく管理費を削減できたので、削減金額分、日本からの任意拠出金を減額する。

島嶼センターについても同様に事務所を移転する。

新JICAに関しては、外務省が現在の無償資金協力に関する政府間の交換公文の文面を修正することになった。
十月以降の無償プロジェクトに影響が出ないように、すみやかなスケジュールで修正が行われる。
それにあわせて、JICAが相手国政府と締結する贈与契約のなかに環境社会配慮ガイドラインを遵守しない場合には贈与が行われないことが明記される。

委員会こそまだ開催のめどが立たないが、理事会と理事懇談会は早急にセットできそうだ。
とりあえずできることをせっせとやる。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする