官邸のおばけ

2007.10.11

昼飯時、いや正確には天丼はすでに食べてしまった時、麻生さんが、麻生さんって麻生太郎代議士のことだが、突然に、太郎ちゃん(そう言っている本人も太郎ちゃんとよばれるのでややこしいが)、官邸に出るおばけのこと知ってるかいとたずねる。

なんでおばけの話になったかと言えば、鈴木恒夫代議士と鈴木けいすけ代議士の誕生日が一日違いだという話になり、麻生太郎と安倍晋三も誕生日が一日 違いだというはなしになり、そこで、麻生代議士から、そういえば安倍さんはだいぶ元気になられたようだという話になり、誰かがだいたいあんな官邸にいれば 誰だって具合悪くなるよという話になり、そこから官邸の話になって、ところで太郎ちゃん、官邸のおばけ...

なんでも官邸では首相、軍人その他あわせて21人が非業の死を遂げていて、その内の誰かが出てくるそうだ。
吉田茂の頃から村山富市、森喜朗まで出てくるおばけは同じで、総理が床について少し経つと寝室のドアがカタカタと動く。誰だと尋ねると静かになり、また少 しするとカタカタ、カタカタ。それで起きあがってドアを開けると暗い廊下の先を軍靴を履いたような足音が去っていく。ある総理が、それを追いかけていっ て、向こうから来る官邸の職員に出会って、今、向こうに行ったのは誰だと聞いたら、職員がキョトンとして誰も来ませんけれど..

吉田茂は3日で出ていったそうだ(鴻池参議院議員が、おばけのほうも3日で出ていったらしいぞとまぜっかえす)。
ある総理は、おれは大丈夫だと豪語していたが、綿貫代議士に頼んでお払いをしてもらったとか。
最後に、相沢英之先生が笑いながら、そんなところに入りたいのかねえと一言。

夜、鈴木恒夫代議士が引退を地元で発表され、その後、為公会のメンバーを中華街によんで上海がにをご馳走して下さる。
粛々とカニを食べる年長組のテーブルに比べて、若手組のテーブルでは、
最近、議食(本会議場の隣の議員食堂)のコックさん代わったのかな。
なんで。
最近、やけに議食のカレーが薄くないか。
カレーと言えば、やっぱり党本部のお昼はカレーにサラダが付いているよりもオムライスの方がいいな。
こないだの青年局の会議はカレーだと思っていったらオムライスだったんで、感動しました。
ハヤシライスもメニューにあるんですねぇ。
等と場違いなことを言いながら、ぎこちなくカニを食べる。

全米日系人博物館と国際交流基金日米センター共催のシンポジウム「変わりゆく日本のイメージ? 米メディア界で活躍する日系人の見方」が開かれる。
友人のフランク・バックレー(KTLAニュースアンカー)やPRの専門家で元CNNのキャスターだったサチ・コト、「硫黄島からの手紙」の脚本を書いたアイリス・ヤマシタがパネリストを務め、ダニエル・イノウエ上院議員がスピーチをする。
ひじょうにおもしろいパネルだったが、サチが強烈に、英語ができない日本人ではだめだというメッセージを発信する。
www.engrish.com
というページを紹介し、これはとても恥ずかしいことだ、中国でもシンガポールでも英語の能力を高めようとしている。日本も、世界に発信し、グローバルシチズンになろうとするならば、英語の能力を向上させなければならないとはっきり言い切る。
アイリス・ヤマシタはアメリカ映画の中で日本人がどう映されてきたかをプレゼンし、フランク・バックレーは阪神大震災をはじめ自分が取材した経験や流された映像を基に話をする。
日本と日系人の間がだいぶ近くなったような気がした。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする