マルチメディア局長

2007.09.07

自民党の広報本部長に就任された河村建夫代議士からお電話を頂き、広報本部のマルチメディア局長就任を打診されました。
喜んでお引き受けしました。

と、いうことで、これからいろいろとやっていきたいとおもいますが、とりあえず、自民党議員のインターネットを通じた情報発信力を高めていきたいと思います。
そこで、まず、議員のホームページ、ブログ、メルマガ、ポッドキャスティングその他のなかで、皆様が高く評価しているものを教えて下さい。
どんなところを評価されていますか。どれぐらいの頻度でご覧になっていますか。どんなところを改善するともっと良くなると思いますか。
与野党を問わず、また、国会議員だけでなく、地方議員の中で情報発信に優れた方も教えて下さい。よろしくお願いします。

ちなみに今回の人事では、所属委員会が外務委員会とテロ特措法特別委員会。とくに外務委員会はイラク派兵をめぐって理事を退任して以来、久しぶりに理事に復活しました。
政務調査会は政調審議会の審議委員、広報本部マルチメディア局長、団体総局の法務関係団体委員会委員長という役職になりました。
法務関係団体委員会では、法務省の天下り先になっている民事法務協会と一般競争入札をめぐる闇にしっかりとメスを入れていきたいと思います。裁判所の裁判
官が法務省にやってきて、法務省の官僚として役所の天下り先に官製入札妨害で仕事を回すというのは、日本の裁判制度に対する国民の信頼を著しく損なうこと
になります。また、それを見逃している法務省の記者クラブはどうなんでしょうか。

平沼代議士の復党が既定路線のように報道されています。
平沼代議士は、頑固に筋を通された政治家で、民営化賛成の誓約書に署名するぐらいならば復党しないという態度はすばらしいと思います。
しかし、だからここで復党を了承するということにはならないと思います。
二年前の総選挙は、郵政民営化の是非を問う選挙であり、有権者は是と判断されました。安倍政権の凋落の始まりは、その有権者の判断を一方的にないがしろにして民営化反対議員を復党させたところから始まります。
しかも、今回の平沼代議士の復党にあたっては、民営化賛成の誓約書もとらないと聞いています。それならば、一層、復党は許されるべきではありません。
あくまでも次の総選挙後の復党であるべきです。
しかも、落選した反対派の前議員の復党も、という話も出ています。いったい、自民党はどこへ行ってしまうのでしょうか。
自民党を後戻りさせようという勢力と断固、戦わなければなりません。

来日中のソウルのオー・セフン市長に招かれ、山本一太参議院議員と三人で食事する。
日韓若手議員交流で、彼がハンナラ党の議員だった頃からのつきあいだ。今回の韓国大統領選挙の候補者がイ・ミョンバク前ソウル市長になったこともあり、カ
リスマ的人気を誇る現市長も将来の大統領候補だ。もう一人、我々の友人のウォン・ヒーリョン議員も今回の大統領候補者選考に名乗りを挙げ、イ・ミョンバ
ク、パク・クネ両氏には敗れたものの三位につけ、やはり将来につなげた。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする