日本と日系アメリカ人

2007.08.27

外務省が始めた日系アメリカ人のリーダーを日本に招待するプログラムのレビュー会議がハワイで開かれる。
ぼくにとって七回目のハワイだが、全て会議への出席で、二泊三日。ろくにビーチにも足を踏み入れられない。

プログラムに参加した日系アメリカ人のリーダーたちも自費参加だが、50人近い人数が集まった。
このプログラムまでは一度も日本に行ったことが無く、日本とのつながりも希薄だったメンバーが、このプログラムで訪日してからは非常に積極的に日米関係、そして日本に関心を持つようになり、こうした会議にも積極的に参加してくれるようになった。
外務省が始めたプログラムとして非常に成果があがっている。

その反面、小泉訪米、安倍訪米にあたっては総理が日系人社会を訪問することなく終わり、ちぐはぐな感じは否めない。

サンフランシスコの日本人街の中心地がイラン系アメリカ人に売却され、ロサンゼルスの日系アメリカ人の施設も財政的に非常に苦しい運営を強いられている。
もちろんアメリカにODAを出すわけにはいかないが、日本政府として、日系人社会を助ける動きももっと必要ではないか。

ジョージ・アリヨシ前ハワイ州知事と一緒に、昼食会でのスピーカーを務める。そこにイノウエ上院議員も来られ、両巨頭の間で汗をかきながら日米問題について話す。
特に、米印原子力協定について、日本としてはNPT体制を壊すようなダブルスタンダードを受け入れるわけにはいかないと強調する。
さらに、日本政府として、ワシントンに原爆記念館を建てるべきだと訴える。原爆投下に関する解釈は、アメリカにもいろいろあるだろうが、少なくともその行為が何をもたらしたかを知った上で、意見を述べてもらう必要がある。
イノウエ上院議員からは君のメッセージを同僚に伝えよう、と。

ハワイ州知事の公邸であるワシントンプレースでのレセプションの後、イノウエ上院議員から、飯につきあえとお誘いを受け、ハワイ一のフランス料理を食べながら、遅くまで話し込む。
安倍総理の議会訪問から、F22、イラク、中国と米上院との公式会議、大統領選挙(イノウエ上院議員はクリントン支持だ)、イノウエ議員がおじいさん、お ばあさんから習った日本の歌、戦争前と戦時中の経験、戦後、議員として日本に行ったときの話、日本のサムライ映画から習った日本語等々。
その日、イノウエ議員は次の上院議員選挙に出馬することを発表した。ということは92歳まで議会にいるということだ。
ロバード・バード、ストローム・サーモンドに次いで、現時点ですでに彼は史上三番目に長い上院でのキャリアを誇っている。

ポストイノウエは、日系アメリカ人にとっても重要な問題で、会議でも、食事の席でも、コーヒーブレークでもつねに誰かがその話をしていた。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする