神奈川陸協

2007.04.19

神奈川陸協の常務理事会と理事会。
湘南国際マラソンの総括も議題の一つ。
当日の審判、251名を出し、「天候に恵まれて成功した」が、次回に向けての反省点、問題点は数多くある。
今回はエリートの部と一般の部という区分だったが、陸連登録者が記録を公認してもらうためには、登録者の部と一般の部という区分が必要だ。

最後の関門でタイムオーバーになったランナーは、そのままサイクリングコースに出てゴールを目指すことが出来るはずだったが、運営サイドでそこが徹底されていなかったため、収容されてしまったランナーが続出した。結果、審判を回収するはずだったバスが二時間遅れになってしまった。
事務局の脆弱な体制と組織化の不備が運営面ではそこここに露呈した。

しかし、審判の編成にしろ、なんにしろ一度やってみたから次はわかるというものがたくさんあった。そういう意味で、最高のシミュレーションが出来た。
来年は、江の島が三月後半では開催が難しいという。陸協としては一月後半がベストだが、一般ランナーのことを考えると一月では寒いだろう。しかし、天候の安定を考えると三月よりは二月だが、二月は各種の大会で開催は難しいし。三月後半で江の島開催が出来なければ、西に移動するしか方法はないが、二宮インターより西の道路は封鎖できない。うーん、五次方程式ぐらいを解かないと。
しかも収支もバランスさせないといけないし。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする