久々の徹夜国会

2007.03.04

湘南ベルマーレ開幕。
ベガルタ仙台相手の開幕戦、ベルマーレの選手がゴールネットを二回揺らし、ベガルタは一点。が、ベルマーレのゴールの一回は
間違って自分のゴールにいれちまった。あーあ、1対2で負け。
今や、ベガルタの常務になった小長谷組長が、仙台からサポーターがたくさん来て、ベルマーレの経営に貢献したでしょ、と。いつも気にかけて頂いて感謝。

金曜日の朝ズバッに出演。四時起きだ。ある先輩曰く、予算はどうせ火曜日だよ。それが甘かった。
予算の本会議始まったのが夜十時半。
予算委員長、総務委員長、財金委員長の不信任案が提出。
予算委員長不信任案の趣旨説明に立った枝野代議士は、全く自民党のほうを見ることもできず、身体ごと民主党の方を向いて、延々と予算委員会と関係ないことをしゃべりまくる。
鎌倉幕府がどうしたとか、こうしたとか。かなり情けない。
夜中の12時前に延会手続きをやらなければいけないのだが、このままずっとしゃべくっていたらどうするのだろうかと心配していたが、十二時十分前に議長はあっさりと、今日のところは枝野君の趣旨説明をここまでとし、十二時十分まで延会しますと、宣言し、おしまい。
再開後、趣旨説明は十五分以内とするという決議をして、あっさり引き延ばしもおしまい。
中断後、小沢一郎は本会議場に戻ってこない。ひでえ党首だ。
採決の最後に議長が、投票もれはございませんかと発言すると、みんなで口を揃えて、オザワイチロウ。
次に僕と同期の佐藤勉総務委員長不信任案。おい、勉ちゃん、みんなのことを考えてさっさと辞表を出せ、そしたら一時間、本会議が短くなるぞとさんざんからかわれていた。
また最後に、投票もれはございませんか。オザワイチロウ。
この不信任案も否決されたところで、民主党がギブアップ。
そりゃ、引き延ばしの指示出していた党首が自分は一人で家に帰って寝てるんだから。
結局、朝四時半、予算が衆議院を通過して(ここでも投票もれはございませんか。オザワイチロウ)散会。
二十四時間以上の長い一日だった。

土曜日。
夜、秦野市と足柄上郡の県議選の決起大会。

日曜日。
夕方、地元発。埼玉県比企郡小川町の県議選決起大会。片道三時間。到着してすぐ壇上に。十五分話してまた三時間の帰り道。往復6時間で、成田からハワイまで行けたな、こりゃ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする