あなたはどっち派?

2006.06.27

六十五歳以降毎月29万円の年金支給を可能にする河野プランに関する皆様のご意見をお待ちしています。
http://www.taro.org/policy/sosaisen/

ごまめの歯ぎしりもブログ化しました。
http://www.taro.org/blog/
皆様のコメントをお待ちしています。

私は当選一回以来、全ての国民の基礎年金である国民年金は税金でまかなうべきだと言い続けて参りました。
保険料を徴収する方法で、しかも今の社会保険庁のようないい加減な徴収方法で、基礎年金(国民年金)をまかなおうとすれば、必ず未納者が出ます。未納者は将来、年金を受給できませんから生活保護の対象になっていきます。
それならば、国民が必ず納めなければならない税金を財源として基礎年金を給付するべきだと思っています。
年金にも自助努力の精神が必要だから保険料方式でやるべきだという主張が自民党内にも少なからずありますが、これは社会保険庁という組織を温存するための詭弁でしかないと思っています。
基礎年金(国民年金)は消費税でまかない、保険料徴収組織は不要になるので廃止するのが年金改革の第一歩だと思います。
あなたは税派それとも保険料派?

河野案だと財政再建の切り札になる消費税の増税を年金で喰ってしまうのでだめだというプライマリーバランス原理主義の議員と議論をしました。プライマリーバランスのために年金改革に手をつけないのは本末転倒ではありませんか。
最後に足りない消費税2%は、国と地方の役割を明確に区分して、国と地方の業務の重複をなくすと同時に都道府県を廃止し、道州制を導入することによって更なる歳出カットをするべきではありませんか。
虎の子の消費税だからこそ、国民が不安に思っている年金改革に使うべきです。
安倍晋三ならば年金制度には手をつけず、現在の歳出歳入一体改革を実行するために消費税を2%あげるでしょう。
河野太郎ならば、国と地方の形を変えて、さらに歳出カットを増やし、消費税増税(国税分4%を7%に3%引き上げ)は年金の財源にします。
あなたはどちらを総裁に選びますか?

今日、法務省の入管局と外務省のテロ対策担当大使の共催で、この国会での入管法改正による指紋採取と自動化ゲートの説明会を開催する。
いろいろな批判は覚悟の上だったが、予想とはだいぶ違った展開になった。
国会の審議同様に、指紋の保存期間はどのくらいかという質問が出て、僕が国会審議同様に最大で七、八十年と答えると大爆笑。
これから実施しながら考えるが、保存期間を対外的に発表することは悪者を利することになるので対外的には発表しませんと付け加えるとまた笑いが。同意するようにうなずく参加者も多かった。
説明と質疑が終わり、それでは今日はここまでと締めると、満場から大きな拍手が起こった。これにはびっくり。
たしかにこれまで入管がこのような形で説明会をやったことはあまりなかったようだが、クレームらしきものは何もなく、終始和やかな雰囲気だった。

紅はこべブログは閉鎖しましたが、僕の総裁選挙を手伝ってくれている仲間のブログは元気です。
「こまめな歯ぎしり」
http://blog.livedoor.jp/komamenahagishiri/



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする