2005年11月17日号

2005.11.17

08:30 高輪宿舎発
09:00 副大臣会議
09:50 矯正局レク
10:10 入管局、法制部、公安庁レク
10:40 公安庁レク
11:10 入管局レク
13:00 自民党消費者問題PT(団体訴権に関し15回目)
14:30 刑事局レク
16:00 民事局レク
17:00 国際テロ対策推進本部(於官邸)

自民党の消費者問題PTで、団体訴権に関するプロジェクトチームの取りまとめ最終案が決定。
このPTはひな壇側に座っていた岸田座長、河野事務局長の他に当選二回弁護士の早川・柴山両代議士が毎回参加。
15回の大部分で着実早川派とリベラル柴山派の間で豊富な知識と実務経験に裏打ちされたじつに実のある議論が戦わされた。お二人には本当に感謝!!
そこに世耕・加納連合軍が参戦し、早川幕府と同盟関係を築き、一方、柴山共和国側には船田組が加勢し、小野、牧原、萩原といった新興民族も姿を見せ、若干、適格性審査のためのガイドラインに議論を先送りしたところがあるが、最終取りまとめができた。
担当大臣になられた猪口大臣にもご出席を頂く。大臣は今日は鮮やかな緑(ホームページの携帯絵日記参照)。
次回は内閣部会と合同会議。

Q 内親王ご成婚で恩赦はあるのですか。
A ありません。
恩赦には政府が政令で定める政令恩赦と個別恩赦というものがあります。
政令恩赦が行われたのは戦後、第二次大戦終局・憲法公布・平和条約・国連加盟・皇太子(明仁殿下)ご成婚・明治百年・沖縄復帰・昭和天皇大喪・平成天皇即位だけです。
他に皇太子(明仁殿下)立太子礼と皇太子(現皇太子)ご成婚のときは特別基準恩赦が行われました。

また慶弔には関係なく、ほぼ毎月、常時恩赦というものが行われます。
これは中央更生保護審査会の申出により、閣議決定を経て天皇が認証し行われるもので、刑の執行後の復権を早める(懲役の場合は刑の終了後十年間、罰金の場合はその後五年間、医師法や警備業法などが資格を認めていない状態が続きます。この状態を早く終了することを復権といいます)、あるいは無期懲役の者が仮出獄した後の保護観察を終了する(おおむね70歳以上になった場合)などが行われます。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする