2005年3月1日号

2005.03.01

午前中に民主党の原子力政策「転換」議員懇談会で、自由民主党の河野太郎が「講師」に招かれる。
いかに日本の原子力政策、特に再処理をめぐる政策と議論がめちゃくちゃか、いかに原子力に関わっている政治家がいい加減か、以下に日本の大手マスコミは「圧力」に屈しているかということを述べる。
まあ、民主党も労組の前には何も言えないし、樽床一派は電事連に取り入ろうとデレデレらしいし。
日本のエネルギー政策には将来がない。

午後一時、生まれて初めて参議院の議員会長室に入る。
青木参議院会長にお時間を頂いて、臓器移植法の改正の必要性と方向性についてご説明申し上げる。
前回中山案は参議院で修正されているので、参議院が一つの山場になることは間違いない。青木会長、片山幹事長をはじめ、参議院には丁寧に説明にまわりたい。
また、与謝野政調会長の強い意向で、抜本改正をベースにした、つまり調査会案の考え方をベースにして与党の有志による法案の取りまとめに着手することになった。

今日から中国語レッスン再開!
「酸痛」という痛さが出てくるのだが、どういう痛さなのか日本語でよくわからない。リューマチの人が曇りの日に感じる関節痛のようなものらしいが...。
今度の教科書はピンインがふりがなのようにないので、ワァオ、大変だ。

日米リーダーシッププログラムの今年のメンバーの選考委員会で、夕方から缶詰。
16人の枠のところを21人まで絞って、リストにする。
年齢や性別、地理的条件などを加味したため、有望なリーダー候補も枠がないということになってしまった。
ぜひ、これに懲りず、何度か応募して頂きたい。特に年齢の上限が四十二歳なので、最後はラストチャンスという人を優先した。若い人にはまだ、チャンスがある。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

最新記事

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする