2005年2月18日号

2005.02.18

ちなみに六ヶ所の再処理工場、既になんか漏れてますが、四十兆円のコストがかかるプロジェクトにしては、どのマスコミも東京じゃゴミ扱い。
どこからの政治的圧力ですか?
はい、我が社の経済部出身の編集長からです!

かわいのカッチャン、又は河井外務大臣政務官、が電話してきた。
たろうちゃんはうるさくて、頭痛の種だから役所の中で河野太郎の担当をつくることになって、僕が太郎ちゃんの担当になったから。
カッチャンは外務省の政務官として中近東を担当している。そうか河野太郎は中近東と同じくらいの頭痛の種か。

サウジアラビアの駐日大使が着任してから昨日までの数ヶ月間、我が国の経済産業省は、サウジアラビアの大使と大臣の面会をセットしなかった。
理由はよくわからないが、これ自体がちょっとどうかと思う。
が、サウジアラビア政府は、自国の大使が経済産業大臣と数ヶ月にわたって会えないという事実から、日本の経産省がいまだにアラビア石油の採掘権交渉が決裂したことを根に持っていると解釈している。
(これがもし事実だとしたら、経産省はとんでもない馬鹿野郎だし、これが事実ではないのなら、そういう印象を与えた経産省は少し馬鹿野郎だ)
日本とサウジアラビアは合同委員会なるものを設立している。外務省と経産省がこちらの窓口だが、サウジアラビアに言わせると、日本はアラビア石油のことを恨んで合同委員会の日時を決めないということになる。
ま、サウジアラビアなんて相手にせずというならば、それもいいのかもしれないが、サウジアラビアはアラブの中で結構大事だ。つまらない役人のメンツでこの二国関係を邪魔されてはたまらない。
経産省の審議官がサウジに行くそうだから、日程をきちんと決めてきてもらおうじゃないか。カッチャン、フォロー頼むぜ。

中東から日本に乗り入れたいという航空会社が増えている。
むしろ、関空なんてこちらから営業に行くべきところを向こうから来てくれるのだから、ありがたい話なのだが、国土交通省の小役人はもったいをつける。アブダビの航空会社(エミレーツはドバイ)なんか、次の話し合いは四月くらいになるそうだ。で、空港は閑古鳥で、赤字で税金の投入だ。
早速、担当のカッチャンに国土交通省に怒鳴り込むようにたのむ。

が、外務省の最大の問題は、在外の大使館に勤務している職員に支払われている在勤手当だ。これは趣旨と全く違うイカサマ手当になっているし(住居や家具、自動車などを借りたり、買ったりするはずの手当だが、そんなもの全部ついてくる大使にまで支払われている)、もっとひどいのは、この件に関する資料請求を必死にしらばっくれることだ。
今日の外交部会でこの問題を正式に提起させてもらった。カッチャンだけでなく、小野寺政務官にもこの問題には関わって頂く。
害務省はこの数年間に在勤手当は3割カットされているなどととぼけるが、問題は金額ではなく、本来公金であるはずのものが職員のポケットに入ることだ。大使館なり本省で管理すれば済むものを、そんなことしたら大使館の経理担当の人数をすごく増やさなくてはなどとぬかす。国会が終わったら、カッチャンと一緒に経理担当者の業務の棚卸しをやってみよう。たぶん、そんなことならアウトソーシングしたらどうかということになるだろう。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする