2003年7月17日号

2003.07.17

外為法改正案、政調審議会を通過。金曜日の総務会へ。
しかし、国対委員長は国会提出をいやがっている。山本一太さんがよばれて、総務会までにしとけと言われた。
打率(法案の成立比率)が下がるかららしいが、そんなアホな。

熊代代議士が、橋本派の会合で総裁選挙への出馬表明。
総裁選挙というのはこうでなければいけない。どうやって20人の推薦人を集めるかではなく、まず、政策を国民に訴えていくことが大事だ。

二十二日以降は、内閣不信任案がいつ出るかわからないから禁足。
二十三日にクエスチョンタイムがあり、野党はこれはやりたいから、提出はおそらく二十三日の三時からのこの時間が終わってからだそうだ。
不信任案が出されたら、その日の晩にでもさっさと否決だろう。
イラク法案も結構綱渡りだ。もう一、二発野党が仕掛けてくれば時間切れ、解散総選挙だ。でも、野党は解散は困るらしい。いったい、なんのこっちゃ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする