2003年5月8日号

2003.05.08

橋本派の幹部会で、野中代議士が、下地幹郎を除名するか自分が出ていくか、と発言したようだ。橋本派の若手は、(幹部のごますりをのぞいて)野中出て行けの大合唱だ。中には、派閥をやめる口実がほしかったんじゃないの、と。
政策提言をしている議員を、それを理由に派閥から追い出そうというのは、狂気の沙汰だ。

朝の部会で、生保の予定利率引き下げの議論。
金融庁から案らしきものが出るが、銀行救済プランとしか思えない。
河野、渡辺、保岡の各代議士が反対。塩崎財金部会長も反対。
出席議員の数がずいぶん少ないので驚く。中には、何も言わずに退席する議員も。
来週の火曜日に法案の形にして提出せよ、というようなことで幹部が引き取ったが、そんなことでよいのか。

最近、回りのみんながやけに優しい。
肝移植のドナーが亡くなったことを、みんな気にして下さっているようだ。
これを契機に脳死移植をきちんと進めたい。来週、やっと脳死に関する党の調査会が開かれる。

地位協定の改定案に関して、県知事会と合意する。来週にも、お互いの組織で意思決定する。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする