2002年7月28日号

2002.07.28

総務省がリーダーシップをとった各省庁のホームページに関する取り決めが、省庁間の合意を得た。手続きが終了後、発効する。
 これにより、外務省の自分勝手な国名表記はホームページでは許されなくなり、国民が普段使っている国名表示、人名表示に外務省が合わせることになった。
 また、各省庁が法案審議その他において、他の省庁と交わした覚書又はそれに類する全ての書類がホームページ上で公開されることになる。

二十六日(金)の昼に、各県の議長と総理、官房長官、総務大臣の懇談会が官邸で開かれる。総務政務官も陪席。
 懇談会前に、官邸の三階(正面入り口)から二階に下りる階段のところで、総理と各県議長の記念写真。総理に、今度、もしも、内閣改造をしたりしたら、その時もこの階段で記念写真撮るんですか、と伺う。前の官邸の赤じゅうたんを敷いた階段はもうないし、今度の階段は木目調で、モダンな感じがする。ただ、横にエスカレータもついているし、全体が吹き抜けになっているし、上手く写真が撮れるのだろうか。総理は、ここは、あまり良い階段がないんだよ、と。
 まあ、あんまり僕が心配することでもないし。

 金曜日は内閣不信任案で、徹夜国会というふれこみだったので、長いすで、夜、待機中に寝られるように、とか、夜の日程を差し替えたり、とか、いろいろやったにもかかわらず、参議院民主党が、衆議院にばかりカッコ良いことはさせないと、割と早い段階で、野党は腰砕け。こういう腰砕けはよろしい。
 参議院本会議は、七、八時間の長期戦というふれこみだったけれど、野党の出席拒否で、五分で終わる。(この七、八時間の参議院本会議終了後から内閣不信任案の動きが出てきて、そして徹夜という予定だったのだが)



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする