2002年3月5日号-2

2002.03.05

東チモールのPKOへの自衛隊の参加。
680人の施設部隊、10人の司令部要員、5人のUNTAETとの連絡調整員、それに輸送部隊。
昨年末日時点で、日本のPKO派遣人数は、三十名。加盟国中、63位。
そこに今回のPKOが加わると、720名、十九位になる。
アメリカのPKO要員は、750名、英国は714名、フランス483名、ロシア353名、中国129名と比べ、日本の参加人数はひけを取らない。
国連に対する日本の貢献は、分担金や任意拠出金だけでなく、人の貢献でも十分、常任理事国と肩を並べている以上のことをしている。

ちなみにPKOへの派遣人数の多いのは
バングラデシュ 6010名
パキスタン   5552名
ナイジェリア  3468名
インド     2883名
ヨルダン    2720名
ガーナ     2462名
ケニア     1801名
ウクライナ   1536名
オーストラリア 1529名
ポルトガル   1147名
ネパール    1121名
ポーランド   1034名
ザンビア     911名
ウルグアイ    853名
フィジー     844名
ギニア      795名
タイ       776名
米国       750名
日本       720名
イギリス     714名

PKOに参加した要員が国連から支給される給与の方が、自国の軍隊の給与よりも高くなっている国からの参加が多い。

さて、国連改革のうねりをどうやってもう一度起こせるだろうか。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする