2002年3月19日号

2002.03.19

役所に入って早くも二ヶ月以上が経ったが、非常に勉強になっているし、微々たるものではあるが、僕の考えを行政に反映できているような気がする。
総務省の良いところは、これまではこうやってきた、というところに、一歩踏み込んで、ここをこうしたいという提案をすると、すぐにここまではできる、とか、こういう形ならば、その考えを反映できる、という形になって戻ってくるところだ。
まだまだ大きな山はいくつもあるだろうが、なんとなく政務官のやれることが少しわかりつつあるような気がしている(役所からは、何を言っている、まだまだ甘いという声が返ってきそうだが)。
某外務大臣政務官と話をしていると、外務省では政務官は全く決裁にも加わらないそうだ。他の役所の政務官みんなで、君、もっとしっかりやらねば、とはっぱをかける。

総務省のビルの中で、ドラマの撮影があった、のかと思ったら、マスコミ、テレビカメラを引き連れた田中真紀子代議士だった。官僚の大臣への報告義務づけの議員立法の件で、総務大臣に面会にいらしていたようだ。あら、太郎ちゃん、ちょっとあなたの部屋を見せてよ、と政務官室へ。外務省の副大臣の部屋ぐらいね、と感想を述べ、ベルマーレの大きな旗を見て、目を細めて笑っていた。
官僚の報告義務に関して言えば、大臣との信頼関係があれば良いのであって、それがない場合に発動される義務だという認識でよいとおもう。第二の野上を出さないための仕組みだ。

夕方、イギリスのエコノミストの取材を受け、赤坂プリンスホテルの橋本聖子代議士のパーティへ。さらに目の前のニューオータニのリビア大使館のレセプション。そこから原宿の辻元清美代議士のパーティで挨拶し、南平台にあるアラブ首長国連邦の大使館での夕食会。
アラブ首長国連邦のエミレーツ航空が秋から直行便の乗り入れを開始する。
金曜日の夜、十一時半に関空を出発すると土曜日の朝、五時半現地着。月曜日の朝二時半に向こうを出れば、午後四時過ぎに関空着という週末の中近東出張が可能になる。イスラム教は金曜日休みだから、土、日に行っても向こうで人に会うことはできる。
成田空港に乗り入れ可能ならば、毎日発ができるというのがエミレーツの立場。中近東が近くなる。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする