2001年5月29日号

2001.05.29

厚生労働部会。
失業率4.8%。特に北海道、近畿は六パーセントを超え、九州、東北は五パーセントを超える。東海地方は三パーセント台。
県別の数字を出せ、という声に、役所はサンプル数の関係でブロック別にしか数字を出せないと。各県でやっているものと連動できないのか。
産業別雇用者はサービス業で十八ヶ月連続で増加。統計の取り方が運輸・通信のため、IT産業の寄与度がわからない。
年齢別では十五歳から二十四歳までが9.9%。六十から六十四歳は8.3%。しかし、有効求人倍率が二十四歳以下は0.9倍なのに対し、六十歳以上は0.08倍。高齢者の継続雇用をどうするのか。
緊急雇用対策の成果がどの程度あったのか、という質問に対しても、役所はデータなし。効果がわからないことを継続するのか?

昼、ジョージタウン大学の関係者で食事。と、部屋の向こうのテーブルに台湾の情報当局のトップが..。こちらにも同業者がいた。ワシントンの人事のゴシップを交換。日本では一般に無名だったアーミテージが、田中大臣のおかげで広く名前が知られるようになったと喜んでいる(わけないか)という話。
アーミテージにキャリアの相談にいった奴がいて、家族を食わせていくのが大事で、仕事の満足感なんか二の次だと言われたそうだ。

食の安全の勉強会幹事会。農薬のなかにまだ残留基準が決まっていないものがある。そういうものにはコーデックスの国際基準をとりあえず当てはめておいて、国内基準が決まったら差し替えるべきだとおもうが、厚生省は、国際基準よりも基準なしの方が良いという。理屈がわからない。

夜、山崎幹事長と若手議員の懇談会。言いたいことを言え、というので、有象無象の陳情を。総裁選にまつわるいろんな話をしていただいたが、中身はナイショ。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする