2001年5月24日号

2001.05.24

環境委員会での川口大臣への質問のフォローアップ。
廃棄物等、再生資源、循環資源はどう違うのかということを図で明示するとどうなるかを、リサイクル対策課と打ち合わせる。循環型社会白書にでも載せられないか?

太郎塾、e−project打ち合わせ。IT社会のなかのセキュリティの問題をこのプロジェクトで取り上げていくことに。

フロンPT。
野党とのフロン法の折衝続く。全会派一致の委員長提案でないとこの国会は通らない。民主党、社民党、自由党、共産党、さきがけからの要求が出てくる。法案修正するもの、委員会決議にするもの、飲めないものにわける。たのむよー。
このほかに漁港整備関係の法案が委員長提案で、やはりこの国会で出てくる。

総務委員会でお経読み(提案理由説明)。
まるで馬鹿みたい。電気通信事業法と消防法の改正案の提案理由を総務大臣が読み上げる。提案理由は既に印刷して委員に配られている。それを総務大臣がひたすら一気に読み上げる。所要時間八分。それで委員会終了。こうした形骸化した国会運営は止めよう。
12時20分に始まった委員会は、八分で終わる。
一階の喫茶店、あかねでチキンカレーを食べて、代議士会に。
時間があるので国対の控え室で話をしていると、大島国対委員長が入ってきて、おい、河野君、君が座っているのは国対の筆頭副委員長の椅子だぞ。そうか、きみ、国対の筆頭をいよいよ目指すか。じゃ、近々、国対に入ってもらうか。と、からかわれる。
野田聖子ウォッチャーの浜田靖一代議士、今日の口紅の色は地味すぎる、と。
新婦予定者、結構まじめにそれを聞いているからおかしい。

本会議終了後、ニューヨークとブラッセルから来日したビルマの反体制派のメンバーと日本の対ビルマODAについての意見交換。どう考えても、今度の水力発電事業への無償援助はつじつまが合わない。担当の小島外務大臣政務官の部屋に二人を連れて行って会ってもらう。小島政務官も疑問を呈する。

アラブ首長国連邦大使館でエミレーツ航空の代表者と会談。日本と中近東の直行便をいかにして増やしていくか、エミレーツ航空が鍵を握る。エミレーツはなんとか関空に最低四便を乗り入れたいと必死の交渉をしている。外務省と国土交通省も前向きだ。
既にエミレーツは韓国の仁川新空港の乗り入れと、上海への乗り入れを決めている。韓国の場合、新空港の幹部がドバイまで来て、何とか乗り入れをして欲しいと営業をしていったそうだ。それに比べて、関空はどうなのか。
東アジアのハブ空港は、日本から移りつつある気がしてならない。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする