2000年3月8日号

2000.03.09

山本一太外務政務次官(参議院議員)が、当面、衆議院への転出は考えていないから、と強調していました。
ごまめの歯ぎしりに、ちゃんとそう書いておいてくれとのことですので。(政務次官、これでいいですか?)
自民党環境部会、フロン小委員会を創設、部会長が小委員会を兼任。
そして、なんと、最初から自民党議員に環境庁、NGOの三者で法案作りに入る。
自民党も変わりつつある(一部では)。
環境庁が作った法案を自民党案とするのではなく、議員とNGOできちんと法案をつくるということを部会長が確認。
ただ5000以上ある解体業者の実態をどこの省庁もつかんでいない。
これがネックになりそうだ。
一方、循環社会法、完全にデッドロックに。
与党議員同士が同じ小選挙区で戦うために、この法案が選挙戦の材料にされている。
太郎塾ではこれ以上、この問題に影響を及ぼすことができないので、プロジェクトは
中締め。
環境省になってからの廃掃法改正のための作業に入る。
アメリカの外交問題評議会のマイケル・グリーン来日。
もう十年以上の付き合いになるが、バグパイプの名手。今度CDを出す。
思いやり予算の件で意見交換。
やはり、アメリカの議会、特に下院は、削減には猛反発する。
もうロジックの問題ではなく、感情的なリアクション。
NMDの大規模なカンファレンスに出てきたばかりということで、それについても、意見交換。
イランの核開発に懸念。
勲章改革。僕は勲章改革大賛成。
等級を廃止すること、国会議員と官僚の叙勲をやめるべき。
国のために働くのが仕事なんだから、仕事やって勲章もらうのはおかしくないか。
役所推薦ではなく、もっと客観的にやるべきだし、年齢を要件にすべきではない。
しかし、自民党一回生のなかには、改革反対派もいる。
なんとなく役所の思惑が見え隠れしているような。
年寄りに引導を渡すのに、勲章が必要だとかいう奇妙な論理を展開する。
そんな自浄作用のない組織はつぶれるだけだからほっとけばいい。
外務省のリーク問題。
北朝鮮への米支援問題、読売が書いた時点で、幹事長や政調会長も知らなかったらしい。
中山外交調査会長も新聞で知った。既成事実化する意図的なリークだ。
今日も、読売にODAの評価体制に関するすっぱ抜きが出ている。
全く情報管理ができていない。
外交機密の公開はやらないかわりに、世論操作のリークは一生懸命。



ご支援お願いします。ネット献金はこちら ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 行政改革目安箱(縦割り110番) ニコニコ動画ごまめの歯ぎしり メールマガジン(応援版) 河野太郎の著書

アーカイブ

河野太郎facebook 河野太郎インスタグラム

河野太郎にメールする